2006年05月27日

DMC-FX01

デジカメ候補その3が松下のDMC-FX01。アマゾンでは値下がりしていて、お買い得感が強いです。COOLPIX P3/P4もそうだけど、この内容のもので、3万円そこそことは、デジカメ業界も大変そうですね。プリンターなら消耗品で儲けられますけど、デジカメだとせいぜいバッテリが売れる程度だから、利益はカスカスでしょうね。撤退するメーカーが出てくるのも無理はないのかも。一眼レフデジカメだとレンズが売れるので別ですが。

さて、DMC-FX01は広角端28mmからの3.6倍ズーム。CCDサイズが違うものの、ボディーが大きいPowerShot S80と同じ焦点距離ですから魅力的だと思います。
DMC-FX01は、IXY 800 ISより広角は広いものの、テレ端はDMC-FX01が102mmで、IXY 800 ISが140mmと結構違います。でも、ワイド端が広い方が良いでしょうか?また、テレマクロにやや強く、テレ端でも30cmまでのマクロが使えるとのことで、これも魅力です。
COOLPIX P3/P4がズーム域が最も狭いですが、1/1.8インチCCDなので何とか許せる。

画質は、まあ普通レベルの気がします。以前の松下はノイズが多めに感じていましたが、最近はそんなこともないみたいで、高感度ノイズの少なさは富士フイルムが群を抜くようなので松下はトップクラスとはいかないようですが、割と上手にノイズ消しされているように思います。ISO400ではIXY 800 ISなどのキヤノンデジカメに勝ってる感じです。
重量も本体のみで約132gと約165gのIXY 800 ISよりも少し軽い。

DMC-FX01は、オートブラケット撮影(AEB)が付いています。COOLPIX P3/P4よりも設定が選べる点で良い。IXYはいまだに付いていないみたい?キャノンのホームページでIXYY 800 ISなどの新型機種の説明書がアップされていないので、詳細不明。

ちなみに、旧型のDMC-FX9は併売のようで、DMC-FX01はレンズがDMC-FX9よりも少し暗いですが、デジカメWatchの実写速報を見る限り、ワイド端でDMC-FX01の方が色滲みが少なそうですし、ズーム倍率も高く歪曲も28mmにしては上出来に思えるので、よほど安くない限りDMC-FX9を選ぶ理由はなさそうかな?

ライカ C-LUX 1という兄弟モデルもあって、デザインはライカの方がかっこいいと思うので欲しいですが、お値段がねぇ。さすがに同じ機能で倍も違うと無理だよなあ(^_^;)。パナソニックと同じ値段なら買いだったのに。
続きを読む
posted by tsumetsume at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エプソン普通紙<再生紙> A4カット紙 250枚入り KA4250NPDが激安

キャノンの両面普通紙スーパーホワイトペーパーの激安に替わって?今度はエプソン純正用紙のEPSON 両面上質普通紙<再生紙> A4カット紙 250枚入り KA4250NPDが、販売価格:¥120になっています(^_^;)。通常は300円前後の商品だと思いますが、この価格は一体?
アマゾンは実に謎が多いなあ。
EPSON 両面上質普通紙<再生紙> A3カット紙 250枚入り KA3250NPDは、¥240ではなく¥1,069となっています(^_^;)。そのほかの普通紙ではブラザー MyMio用A4普通紙 250枚 BP60PAが¥ 309 → ¥ 670に値上がり。

ちなみに個人的に好きなインクジェット用普通紙は、 画彩 普通紙仕上げHKA4250 FUJIFILM インクジェットペーパーマットタイプ 普通紙 紙マットベース A4(210x297)250枚入り HKA4250です。この紙は滲みが少なく、普通紙としては耐水性も少しあって良いです。
あと、多機能耐水普通紙 マリJETは、滲まないとかうたわれていますが、画彩 普通紙仕上げよりも耐水性は低いと思う。但し紙質がしっかりしていて白色度も高いので画彩 普通紙仕上げとはまた違った良さはあると思います。
スーパーホワイトペーパーは色が白いだけであまり良くないかな?まあ、インクジェット用の普通紙としては他社用紙と比べても価格は高くないですし、純正インクを使うのであれば、発色が純正用紙に調整されているでしょうから、良いのではないかと思います。
いくらコストダウンといっても、純正インクでホームセンターで売っているような低価格の品質の低い普通紙を使うのは、あまり意味がないです。用紙代よりもインク代の方が高いです。

そういえば、コニカミノルタの写真関連撤退というのは、用紙事業からも撤退になるらしいです。写真用紙では屈指のメーカーだっただけに残念です。
posted by tsumetsume at 20:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

COOLPIX P3/P4

検討中デジカメその2は、手ブレ補正を搭載した1/1.8インチCCD搭載デジカメNikon COOLPIX P4。アマゾンで値下がり中で、今日は、COOLPIX P4が¥ 32,881 → ¥ 31,775に、COOLPIX P3が¥ 36,850 → ¥ 36,649に値下がりしています。COOLPIX P4は、5月7日の¥ 39,546と比べると7771円も値下がりしていて、お買い得感が強い機種です。

COOLPIX P3/P4は性能的にはだいたい同じで、COOLPIX P3が無線LAN搭載で、COOLPIX P4が非搭載の違いだそうです。デジカメWatchのレビューによると、無線LAN機能は転送速度が遅いなど、今ひとつ評価が低いようです。

レンズは換算36〜126mm。レンズは本当の四隅部分はちょっとおかしい感じで、樽型歪みも36mmの割には少々多めな感じですが、1/1.8インチCCDで手ブレ補正付きですから、レンズ的にはトップランクの品質ではないでしょうか?
絵は眠くてくすんだ渋い感じですが、個人的には割と高級感のある絵でいいかな?という気がします。味付けが薄いので、レタッチに強そうな気もしますが、ノイズも多めなので、どうでしょう?相殺されるかな?

デジカメWatchのレビューでは白飛びしにくいようなことが書かれていますが、露出やコントラストの関係なのか、実際に白飛びしにくいのかは、ちょっと不明。
感度設定はISO400までですが、高感度ではっきりとザラツキが目に付いてくるが発色が変わったりはしないとのことで、無理矢理なノイズ消しはしていないのでしょう。ある意味好印象。

その他の機能では、オートブラケット撮影が可能。ブラケティングは通常の露出のブラケットとホワイトバランスブラケットの2種類が搭載されていますが、露出をずらす補正幅は選択できず+-0.5EV固定のようです。ホワイトバランスは後で直せるのでホワイトバランスブラケットは必ずしも必要ではない気がします。あって困るものでもないですが。
BSS(ベストショットセレクター)という連射して自動的に最も鮮明に撮れている(ファイルサイズで選ぶ?)カットを記録する機能は、手ブレぎりぎりの時に便利に使えそう。シャッターボタンを押すときにブレが出やすいので、ブレそうな手持ち撮影の場合は普通のカメラだと連射モードで撮影していらないのを後で消すということをしますが、面倒だし容量も無駄ですからね。
自動的に顔を認識してオートフォーカスしてくれるという、顔認識AF機能というのもあります。

重量はCOOLPIX P3で170gと重め。厚みがちょっとあって、31mm。形が丸いですが、大きめサイズなので、まあまあ持ちやすいように思いました。デジカメWatchのレビューではホールド感はイマイチということでしたが、サイズや重量の割にという意味でしょう。

全体的には、私のようにずっとキャノンだった人が使うには、やっぱりIXYの方が操作性とか色の感じとかで無難なのかな?という気はしますが、手ぶれ補正付きなのに1/1.8インチCCDを搭載している点は魅力的です。
続きを読む
posted by tsumetsume at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Canon EOS KISS デジタルN

EOS KISS デジタル N ボディが時間がかかりますから復活し、通常24時間以内に発送です。レンズキットは時間がかかりますになっています。
EOS KISS デジタル N Wズームキット ブラック とEOS KISS デジタル N Wズームキット シルバーが、¥ 104,400 → ¥ 116,800に値上がり。
EOS 30D関係、EOS 30D ボディEOS 30D EF-S18-55mm USMレンズキットEOS 30D EF-S17-85mm IS USMレンズキットが軒並み値上がりです。EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USMが値下がり。EF-S 17-55mm F2.8 IS USMがまだ近日発売のままで、値段も他よりも少し高い。
昨日値下がりしたPowerShot S3 ISPowerShot S2 ISも値上がりしました。FinePix F30は値下がり。
posted by tsumetsume at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーホワイトペーパーが手数料徴収

インクの値下がりが元に戻った後も、超特価だったキャノン純正普通紙スーパーホワイトペーパーA4両面厚口 SW-201ですが、ついに値上がりしました。価格は一気に3倍の定価よりも高い¥644になりました。手数料: +¥66だそうで(^_^;)。
厚口ではないスーパーホワイトペーパーA4 SW-101も手数料が徴収されるようです。何の手数料だろう?

プリンターはiP8600が値下がりして、お買い得かも。iP2200も少し値下がり。

インクはTHC-7CSET4が、かなり値上がりしました。LC094PKが若干値下がり。
posted by tsumetsume at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。