2006年05月27日

Amazon価格変動

詰め替えインクcomではアマゾン価格変動履歴テスト運用中でも書いたようにXOOPSのAMAXOOPモジュールを少し改造して、Amazonの価格変動調査をしているのですが、最近はわりと面白い価格変動が多くて、このサイトでも最近は殆ど価格変動情報の様相(^_^;)。

詰め替えインクcomのアマゾン価格変動はもう少し本格的な価格変動調査に改良したいのですが、私のサイトでは、今のロリポップレンタルサーバーではcronが使えないので、こりゃ無理だ。と、あきらめて放置しちゃいました。パソコン1台動かしっぱなしにして、自動巡回すればcronがなくても同じことは出来るかもしれませんが・・・
それでも、ページビュー毎に登録アイテムを1件ランダムで調査しているので、検索エンジンのクローラーも含めて一日に千ページビューはあるので、プリンター関係を中心に価格変動を結構楽しめるレベルにはなっています。

cronの問題は、さくらレンタルサーバーではcronが使えるとのことで、それを使えばだいぶ良くなるかな?と。更に、Amazonの価格変動はここで書くのをやめて違うサイトでも作ろうかな?と思ってますが、Seesaaブログと同じシステムのさくらのブログというのが使えるらしいので、面白いとか安いとかの価格変動商品を手作業でピックアップしてブログで紹介というパターンを考えてます。
引っ越しするのは面倒なので、改良版の価格変動サイトを専用に追加するか、追加するほどの内容でもないので、cronは諦めてブログだけ追加するか、まだ考え中といったところです。
それと、今のところ、調査件数の関係でエレクトロニクスだけを調査していますが、エレクトロニクスでもプリンター以外の登録されていない商品(パソコンとか)が弱いです。この辺を自動にしたい。でもバッチ処理にしたとしても取得件数に制限がある決まりなので、全商品をチェックというのは無理。ある程度ジャンルを絞り込む必要があります。

それとRSS配信すら付いていないので、とりあえず、トップページにリアルタイムで表示するようにしないと。
あとは履歴数をどの程度持つのか。週一回以上変動している商品とか、謎のチャタリングしている商品とかあるので価格変動履歴が増えると、100件も表示されても見る気がしないですが、適当に古い履歴をカットするのでは不十分なのでグラフ表示などが必要かも。

ところで、デジモノに埋もれる日々さんでも「あまとも」というAmazon価格変動調査を始められたみたいです。かなり完成度が高いと思います。特に、値下がり率や値上がり率が高い商品を自動的にピックアップするという方法はいいですね。
デジモノに埋もれる日々さんではバッチ処理で価格変動調査していると思いますが、バッチ処理でも登録数が多すぎると、やはり無理が出てくるようで、本などは対象外にしたみたいですね。
カラープリンタ 比較deショッピングさんではプリンター限定調査ですね。完全限定調査が一番確実ですね。
どのサイトだったか忘れてしまいましたが、確か、海外でもAmazon専門の価格変動調査のサイトがありましたが、やはり調査されていない商品がかなり多かったように思います。
逆に、さくらレンタルサーバーなどcronが使えるレンタルサーバーを10個くらい借りて、カテゴリー毎に1サイト立ち上げれば可能ですかね?アマゾンの規約をクリア?どなたかやってみてはいかがでしょうか(^_^;)。
posted by tsumetsume at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。